PROGRAMS

08

2/13 Sun 17:45-18:45

ブレイクアウトセッション
「待ったなし!職場のハラスメント防止は自己診断から」

世界各地であらゆるハラスメントの根絶に向けた取り組みが進む中*、日本でも取り組みが進んでいます。NGO/NPOの活動だけでなく組織のあり方にも関わる本テーマについて自己診断を通じた現状の点検や改善に向けた取り組みを考えます。
*2021年6月25日発効「仕事の世界における暴力およびハラスメントの撤廃に関する条約(ILO第190号条約)」

山田泰久 

(一財)非営利組織評価センター(JCNE) 業務執行理事
群馬県高崎市出身。1996年日本財団に入会。2009年から公益コミュニティサイト「CANPAN」の担当になり、NPO×情報発信、助成金、IT活用、寄付をテーマに様々なNPO支援の活動に取り組む。2016年4月、(一財)非営利組織評価センター(JCNE)の設立とともに、業務執行理事に就任し、非営利組織の組織評価・認証制度の普及にも取り組んでいる。

松尾沢子

(特活)国際協力NGOセンター(JANIC) コーディネーター
大学卒業後、国際協力機構(JICA)、外務省出向、海外NGOでのインターンを経て 国際協力NGOセンター(JANIC)に入る。 日本のNGOの組織強化や社会的責任に関する取り組み、JANICのアカウンタビリティ・セルフチェック(ASC)の普及に関わる。東日本大震災以降は人道・緊急支援における質とアカウンタビリティ向上にも取り組み、支援の質とアカウンタビリティ向上ネットワーク(JQAN)の事務局、スフィア基準のフォーカルポイント、人道支援基準に関する第三者認証機関であるHQAIの理事を務める。

プログラムのスケジュールやスピーカーなどは、予告なく変更となる場合があります。
イベント当日は、主催者や取材メディアによる写真・動画撮影などが行われ、各種広報媒体で使用させていただく場合があります。