PROGRAMS

18

2/14 Mon 16:30-17:30

ブレイクアウトセッション
「SDGs時代の国際協力業界の人材とキャリア~団体の垣根を越えて考える」

国際協力における様々なアプローチが新たに生まれる中で、国際協力に携わる「人」も多様化してきている。本セッションでは「人」を基点とした国際協力業界の変化と今後の挑戦について、NGO、開発コンサルタント、JICAよりパネリストを迎え、団体の垣根を越えた議論を行う。

石坂明日香

独立行政法人国際協力機構(JICA) 人事部開発協力人材室 主任調査役
大学卒業後、公益財団法人での国際協力業務担当を経てJICAに入団。7年勤務の後、出産・育児のため退職し、3児の育児に専念。その後2014年に国際協力NGOでキャリアを再スタートし、支援者サービス、ファンドレイジング、緊急人道支援等の業務を担当。NGO勤務時に国際協力業界でのキャリアの多様性を目の当たりにし、国際協力を志す人材のキャリア支援に関心を持つ。2019年にJICAに再度入構し、現在は国際キャリア総合情報サイト「PARTNER」を通した、人材のキャリア構築支援に従事している。

鬼丸昌也

特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス理事・創設者
1979年、福岡県生まれ。立命館大学法学部卒。高校在学中にアリヤラトネ博士(サルボダヤ運動創始者/スリランカ)と出逢い、『すべての人に未来をつくりだす能力がある』と教えられる。2001年、初めてカンボジアを訪れ、地雷被害の現状を知り、「すべての活動はまず『伝える』ことから」と講演活動を始める。同年10月、大学在学中に「全ての生命が安心して生活できる社会の実現」をめざす「テラ・ルネッサンス」設立。2002年、(社)日本青年会議所人間力大賞受賞。地雷、子ども兵や平和問題を伝える講演活動は、学校、企業、行政などで年100回以上。遠い国の話を身近に感じさせ、一人ひとりに未来をつくる能力があると訴えかける講演に共感が広がっている。

相馬敬

株式会社パデコ 代表取締役社長
JICA青年海外協力隊、高校理科教員、JICA専門家を経て2005年パデコ入社。2020年に代表取締役社長に就任。開発コンサルタントとして、バングラデシュ、ミャンマー、ラオス、ガーナなど多くのJICA理数科教育案件に携わる。英国サセックス大学大学院修了(国際教育学修士)。

日浅美和

独立行政法人国際協力機構(JICA) 国内事業部 市民参加推進課 課長
大学卒業、全国紙新聞記者として約6年間教育・地方行政等を取材。その後、2004年にJICAに入構し、中国やインドネシア、マレーシア等アジアの都市環境分野を担当。2007年から3年半、王政崩壊・国づくりが進むネパールに駐在し国づくり・平和構築支援、上下水分野等を担当。帰国後に、スリランカ担当として内戦後の復興支援、防災対策、保健分野の支援を担当する。出産後、南アジア地域全体の計画策定・予算等を担当、ネパール国総括として震災後支援、国別援助分析ペーパー取りまとめ等を担った。2019年8月より国内事業部市民参加推進課課長としてNGO連携、自治体連携等の推進等に取組む。9歳と6歳の姉妹の母。

プログラムのスケジュールやスピーカーなどは、予告なく変更となる場合があります。
イベント当日は、主催者や取材メディアによる写真・動画撮影などが行われ、各種広報媒体で使用させていただく場合があります。