PROGRAMS

20

2/15 Tue 14:00-15:00

ブレイクアウトセッション
「NFTで広がるチャリティの可能性」

NFTとは、ブロックチェーン技術を使って発行される所有証明付き・偽造不可なデジタルデータのこと。著名人の作品をNFT化しチャリティオークションを実施する動きは世界中で注目を浴び始めています。このセッションでは、NFTにより広がる社会貢献活動、ファンドレイズについて考えます。

門田瑠衣子

特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS代表理事
1981年熊本県生まれ。2006年、明治学院大学大学院国際学修士課程修了。2005年、在学中にケニア共和国でのボランティア活動に参加。それをきっかけに、2005年にエイズ孤児支援NGO・PLASの立ち上げに携わり、同団体事務局長を経て、現在代表理事を務める。特定非営利活動法人国際協力NGOセンター(JANIC)常任理事。2021年10月にNFTを活用したチャリティオークションを日本のNGOで初めて主催し、14ETH(当時のレートで660万円相当)で落札された。

イケハヤ

CryptoNinja Founder
NFTコレクション「CryptoNinja」を運営。

棚田雄一

公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン専務理事・事務局長
富山県出身、NHK報道局、JICA(国際協力機構)、外務省、ユニセフ(モンゴル事務所)、国際協力NGO(ピースウィンズ・ジャパン、セーブザチルドレンジャパン)、国連開発計画(UNDP)アフガニスタン事務所を経て、2016年よりプラン・インターナショナル・ジャパン専務理事/事務局長。平和構築、ガバナンス、子どもの権利、ジェンダー平等、資金調達、組織発展などの分野で開発人道支援に関わる。アフガニスタンには通算6年駐在するなど国際協力の現場と本部双方の仕事に携わってきた。外務省NGO政策協議会、外務省NGO連携推進委員会の委員、コーディネータを務める。国際協力NGOセンター(JANIC)副理事長。

プログラムのスケジュールやスピーカーなどは、予告なく変更となる場合があります。
イベント当日は、主催者や取材メディアによる写真・動画撮影などが行われ、各種広報媒体で使用させていただく場合があります。