PROGRAMS

27

2/15 Tue 16:30-17:30

ブレイクアウトセッション
「複雑化する国際社会と人道支援の未来-アフガン人道危機から-」

アフガニスタン情勢に際し、政府、NGO、国際機関が同国民への支援を実施している。同時に、人道支援が、危機をもたらした勢力への後押しにもなりかねないというジレンマも抱える。複雑化し変化する国際社会の中で、人道支援を行う葛藤とは。人道支援のあり方をどうリデザインすべきか、考える。

谷合正明

公明党 参議院議員
公明党参議院幹事長、国際委員長、SDGs推進本部長、難民政策プロジェクトチーム座長。元農林水産副大臣、元経済産業大臣政務官。超党派ユニセフ議員連盟、WFP議員連盟、UNHCR議員連盟、NPO議員連盟等の役員。1973年生まれ。京都大学農学部、同大学院修士課程修了。開発コンサルタントを経て、国際医療NGOのAMDAに就職。アンゴラ国内避難民キャンプ、アフガニスタン難民キャンプなどでプロジェクト・コーディネーターをつとめる。2004年参院選比例区に初当選、現在3期。48歳、岡山市在住。著書:フォトエッセイ「境界線のない空の下」、「人道の国・日本を目指して―難民に寄り添い17年」

植野篤志

外務省 国際協力局 局長
外務省国際協力局長(2020年より)。1987年 外務省入省、以降 在米国大使館一等書記官、 在中国大使館参事官、大臣官房人事課首席事務官・企画官、 国際協力局地球規模課題総括課長、同局政策課長、大臣官房在外公館課長、アジア大洋州局中国・モンゴル第一課長、 在フィリピン大使館公使、在中国大使館特命全権公使。愛知県出身(57歳)。

小美野剛

特定非営利活動法人CWS Japan 事務局長
認定NPOジャパン・プラットフォーム 共同代表理事
アジア防災緊急対応ネットワーク(ADRRN) 理事兼事務局長
ADRRN東京イノベーションハブ 代表
1980年生まれ。アフガニスタン、パキスタン、ミャンマー、タイなど、現地において支援業務に従事。東日本大震災への緊急支援で特定非営利活動法人CWS Japanを設立し、理事兼事務局長を務める。認定NPOジャパン・プラットフォーム共同代表理事、アジア防災緊急対応ネットワーク(ADRRN)理事兼事務局長、ADRRN東京イノベーションハブ代表、防災・減災日本CSOネットワーク(JCC-DRR)共同事務局、などを兼務。同志社大卒業、ブランダイス大学大学院開発学修士。

山本英里

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会 事務局長兼アフガニスタン事務所 所長
静岡県浜松市出身。2001年にインターンとしてタイ事務所に参加。2002年、ユニセフに出向しアフガニスタンで教育復興事業に従事。2003年より、シャンティのアフガニスタン、パキスタン、ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ、カンボジア、ネパールでの教育支援、緊急救援に携わる。2019年より現職。アジア南太平洋基礎・成人教育協議会(ASPBAE)理事、特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター(JANIC)理事。

プログラムのスケジュールやスピーカーなどは、予告なく変更となる場合があります。
イベント当日は、主催者や取材メディアによる写真・動画撮影などが行われ、各種広報媒体で使用させていただく場合があります。