PROGRAMS

28

2/15 Tue 16:30-17:30

ブレイクアウトセッション
「ネクストイシューキーワード2022~企業とNGOの視点で捉えるリスクとチャンス~」

複雑化するソーシャルイシューに対して、課題の最前線で活躍するNGOの視点でそのトレンドを捉えます。また、ローカルからグローバル、企業から市民社会まで様々な視点で捉え、今後重要なリスクとチャンスとなる「ネクストイシューキーワード」を明らかにします。

大野敬典

株式会社博報堂 PR局 PRプラニング1部 PRディレクター
2003年博報堂入社。コーポレート・コミュニケーション局(現・PR局)にて官公庁、インフラ、エネルギー、食品、トイレタリー、金融、情報通信、自動車など様々な業種で、コーポレートPR/マーケティングPR等の業務に従事。博報堂ブランドコンサルティング(現・博報堂コンサルティング)ではブランドコンサルタントとして民間企業の企業理念策定、事業戦略策定、企業・商品ブランディング等のプロジェクトに携わる。2011年4月より2年間、内閣官房内閣広報室にて被災地支援広報、各府省広報アドバイザリー活動等に従事した後、2013年4月より現職。博報堂PR局SDGs・ESGプロジェクメンバーとして、イシュートレンドミーティングを毎月開催中。

井出亜里沙

株式会社エッジ・インターナショナル PD本部第2部 プロジェクトディレクター
IRサイト制作の企画・営業職を経て、2010年よりアニュアルレポートや株主通信などの企画立案・原稿執筆・編集に携わる。2017年、(株)エッジ・インターナショナル入社。統合報告書の制作を中心に、クライアント企業の企業価値を高めるためのIR支援を行っている。

望月亮一郎

特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン 支援事業部開発事業第3課 課長
神戸大学国際協力研究科地域協力政策専攻修了。民間企業、外務省専門調査員(在ザンビア日本大使館)、JICA専門家(マラウイ財務省派遣)を経て、2011年3月にワールド・ビジョン・ジャパンに入団。東日本大震災緊急復興支援、海外事業を担当。2015年から2018年までワールド・ビジョン・ルワンダに出向し地方農家のバリューチェーン開発と収入向上事業を支援。現在はアフリカ8か国のプロジェクトを統括。

冨岡亜矢子

メドゥサン・デュ・モンド ジャポン(世界の医療団 日本) ファンドレイジング部 法人担当
早稲田大学教育学部卒、ESIT(パリ第3大学)翻訳科修了。児童書出版社勤務後、渡仏。フランスには15年滞在し、フランスの民間企業に勤務。2020年より現職。

金田晃一

NTTデータ 総務部 サステナビリティ担当 シニア・スペシャリスト
1987年慶應義塾大学経済学部卒業、1993年レディング大学大学院修士課程(多国籍企業論)修了。FASID 「リーダーシップ・アカデミー」「開発と企業コース」、ECFA「国際開発金融機関専門職員短期研修プログラム」、IDCJ「工業開発トレーニングコース」修了。タイ(農作業)やカンボジア(英語教育)で海外ボランティアを経験。ソニー渉外部通商政策課、在京米国大使館経済部通商政策(対日規制緩和)担当、ブルームバーグテレビジョン・アナウンサーを経て、1999年以降、ソニー(再入社)、大和証券グループ本社、武田薬品工業、 ANAホールディングス、 NTTデータの5社にて、貧困削減、教育振興、地雷除去、生物多様性保全、震災復興、感染症撲滅、サステナビリティ・スクール開講、NGO基盤強化、AI画像診断を含むデジタル・フィランソロピーなど、約40のNGOとの協働プログラムを立ち上げる。JANIC理事、日本ソーシャル・イノベーション学会理事、日本NPO学会員。

プログラムのスケジュールやスピーカーなどは、予告なく変更となる場合があります。
イベント当日は、主催者や取材メディアによる写真・動画撮影などが行われ、各種広報媒体で使用させていただく場合があります。