PROGRAMS

29

2/15 Tue 16:30-17:30

ブレイクアウトセッション
「ラストフロンティア? 未来のアフリカから覗く新しい国際協力とは」

ラストフロンティア(資源を使い切れていない最後の未開拓地)と呼ばれるアフリカ大陸は、本当に最後の“フロンティア”なのか? 技術やアイデアの最先端地としての「アフリカ」の意外な一面から、新しい国際協力の姿を覗いていく。アフリカに挑む日本人はどんな困難をどのように乗り越え、未来のアフリカに何を見出すのか。

小野綾香

Baridi Baridi株式会社 事業開発マネージャー
1994年生まれ。福岡県出身。東京農工大学大学院修了(生命工学専攻)。WASSHA株式会社にてインターン後、新卒で新興国向けSaaS(Software as a Service)を開発・販売するSENRI(旧Afri-inc)株式会社で、事業開発としてケニア駐在。営業/CS企画などを担当。
2020年より、ダイキン工業とWASSHA株式会社の合弁企業である、Baridi Baridi株式会社(https://baridibarid.com)に、第一号社員として参画。事業開発・PM・デザイナー担当。日本とタンザニアを行ったり来たりしています。

武田理沙

Samurai Incubate Inc.
Emerging Countries Group
Senior Associate
2014年専門商社に入社し、西南アジア地域向けの海外営業を経験。現地での新規事業立ち上げ・投資業務に従事し、主に現地でのデューデリジェンスや現地企業との交渉を行う。
2018年にサムライインキュベート入社。大手企業の新規事業立ち上げ支援やオープンイノベーションプログラムの企画・運営・事業メンタリングや中国・深センのプログラムやイスラエル等海外事業に従事。2020年よりアフリカの投資グループにてキャピタリストとして、主に北・東アフリカ地域のスタートアップ投資・支援業務を行う。

中山慎太郎

OUI Inc. 海外戦略部長
1982年東京都生まれ。2006年一橋大学法学部卒業。国際協力銀行、国際協力機構、三菱商事株式会社にて中東・アジア・中南米地域のインフラ開発に従事後、NPO法人クロスフィールズ副代表、2019年ラグビーワールドカップアルゼンチン代表帯同通訳を経て、2019年よりOUI Inc.に参画。海外事業の責任者として、マラウイ・ケニア・ベトナム・ブラジルをはじめとする途上国でのプロジェクトを、現地眼科医・医療機関、政府機関、研究機関、国際機関と連携しながら推進。同時に国内事業のビジネス開発も手がける。慶應義塾大学医学部眼科学教室研究員。

田才諒哉

NPO法人国際協力NGOセンター(JANIC) 理事
ササカワ・アフリカ財団 ジュニアプログラムオフィサー
国際協力サロン 代表
1992年生まれ。新潟県出身。サセックス大学 Institute of Development Studies修了(開発学修士)。ササカワ・アフリカ財団のジュニアプログラムオフィサーとして主にエチオピア、マリ、ナイジェリア、ウガンダの農業支援に携わっている。JANIC(国際協力NGOセンター)理事。これまでに青年海外協力隊としてザンビアでコミュニティ開発、NGOの駐在員としてパラグアイやスーダンでJICAや国連WFPとの協働プロジェクトの実施、国連WFPマラウイ事務所で人道支援に従事。また国際協力の現場での活動だけでなく、ファンドレイザーとして国内NPOや海外NGOを中心にファンドレイジングキャンペーンの企画立案・実行のサポートなども経験。2021年、ニューズウィーク日本版「世界に貢献する日本人30」に選出。ニュージーランドにバリスタ留学経験もあり、コーヒーが大好きです。

プログラムのスケジュールやスピーカーなどは、予告なく変更となる場合があります。
イベント当日は、主催者や取材メディアによる写真・動画撮影などが行われ、各種広報媒体で使用させていただく場合があります。