PROGRAMS

06

2/14 Sun 17:15-18:45

ブレイクアウトセッション
「活動が生み出す成果とプロセスは、“見える化”できるのか?~社会的インパクト・マネジメントの実践~」

社会課題が山積する中でNPOの活動に期待が寄せられると同時に、「成果の可視化」が求められています。事業に関わるステークホルダーは多様になり、丁寧なコミュニケーションが欠かせません。本セッションでは、社会的インパクトを生み出すプロセスとその成果を見える化することで、現場でPDCAを回しながら、合意形成を図り、意思決定へ繋げていく手法をお伝えします。

鎌田 淳

コネクティブ合同会社 代表 事業デザイナー/准認定ファンドレイザー
筑波大学卒業。民間企業にて、営業企画、マーケティング、法人営業、事業統括、営業推進に従事し、2014年よりNPOにて企業渉外、ファンドレイジング、協働プログラムの企画・運営、就労支援事業の統括責任者を担当。民間企業向け事業コンサルティング、NPO向けファンドレイジング支援・人材育成・コンサルティングを主に行う「コネクティブ合同会社」を2017年3月に設立。一般社団法人インパクト・マネジメント・ラボ アソシエイト。公益財団法人パブリックリソース財団・シニアフェロー。社会貢献教育ファシリテーター。趣味はトライアスロン、マラソン、水泳。

土岐 三輪

一般社団法人インパクト・マネジメント・ラボ アソシエイト
新卒後、ITコンサルタント、環境・CSRコンサルタントとして勤務。NPO法人ピースウィンズジャパンにて東日本大震災の被災地における経済復興の支援事業に1年半、NPO法人国境なき子どもたちにて、バングラデシュの農村における女性の収入創出事業に3年間従事。社会的インパクト投資のARUN、社会起業家支援のSVP東京を経て、2019年6月よりソーシャルフリーランス。社会的インパクト・マネジメントを軸に、NPOやソーシャルベンチャーの伴走支援、SDGsコンサルティング、ソーシャル分野の事業開発を手掛ける。
趣味はアジア放浪(コロナ以降は国内放浪ワーケーション)。

プログラムのスケジュールやスピーカーなどは、予告なく変更となる場合があります。
会場では、主催者や取材メディアによる写真・動画撮影などが行われ、各種広報媒体で使用させていただく場合があります。