PROGRAMS

14

2/15 Mon 16:00-16:45

ブレイクアウトセッション
「手洗いを一緒に広めませんか? ~感染症対策と栄養改善のために~」

新型コロナウイルス感染症の予防には、適切なタイミングと方法による手洗い等の衛生行動が重要です。手洗いは、水系感染症対策や栄養改善にも有効です。本セッションでは、JICAの「健康と命のための手洗い運動」の取組や、手洗いと感染症予防や栄養改善の関係についてご紹介し、開発途上国に手洗いを広げていくための方策について、ご参加の皆様と議論させていただきます。

服部 容子

独立行政法人国際協力機構(JICA) 地球環境部水資源グループ 水資源第二チーム 課長
2004年JICA⼊構。技術⼠(上下⽔道部⾨)。地球環境部やラオス事務所にて、⽔資源、境、インフラ分野のプロジェクトを担当。2020年2⽉から再度、地球環境部、アフリカ・中南⽶地域の⽔資源分野の事業実施総括。現在、16カ国において都市給水、地方給水、衛生、統合水資源管理のプロジェクトを実施中。

松永 朋子

独立行政法人国際協力機構(JICA) 地球環境部水資源グループ 水資源第二チーム 専門嘱託
大学卒業後、民間企業勤務を経て、JICA海外協力隊として西アフリカ、ブルキナファソの村落部にて村の水アクセスの確保や、衛生改善活動(手洗い啓発)に従事。帰国後、JICA中国センターにて研修事業を経験ののち、在ブルキナファソ日本国大使館にて草の根・人間の安全保障無償資金協力に従事。主にアフリカ、中南米地域の都市給水・村落給水事業の担当として、2019年4月より現職。JICA「健康と命のための手洗い運動」事務局。

プログラムのスケジュールやスピーカーなどは、予告なく変更となる場合があります。
会場では、主催者や取材メディアによる写真・動画撮影などが行われ、各種広報媒体で使用させていただく場合があります。