PROGRAMS

18

2/15 Mon 17:15-18:00

ブレイクアウトセッション
「議員ウォッチプロジェクト 政治参加の新しいかたち」

2021年1月22日の発効で、世界が注目する「核兵器禁止条約」。唯一の戦争被爆国である日本では、世論の70%以上がこの条約に賛同しているのに対し、国会議員の70%以上が未賛同であり、大きなギャップが生じています。市民の意志は、どのように政治に反映できるのでしょうか。議員ウォッチプロジェクトの活動紹介を通して、新しい政治参加のかたちについて考えます。

中村 涼香

議員ウォッチ リサーチャー
長崎県生まれ。高校時代には高校生平和大使、高校生一万人署名活動のメンバーとして、国内外に核兵器の廃絶を訴える。ノルウェーにあるノーベル平和賞委員会を訪問する他、街頭での署名活動などにも取り組む。大学進学後は、「議員ウォッチ」リサーチャーとして政治へのアプローチを開始。同世代の学生とともに活動を展開している。

内藤 百合子

議員ウォッチ リサーチャー
埼玉県生まれ。高校までは吹奏楽・合唱とクラシックバレエに熱中する一方で、 国際協力への関心を高めて大学に進学。様々な分野のプログラムに参加する中 で、政治と市民の力関係の不均衡に疑問を覚えたときに議員ウォッチに出会う。 現在はリサーチャーとして、核兵器禁止条約の推進と、市民と政治の関係に向き 合っている。一般社団法人STUDY FOR TWOで関東地区代表として、途上国の教育格差の是正にも取り組んでいる。

高橋 悠太

議員ウォッチ リサーチャー
広島県福山市生まれ。中高ヒューマンライツ部に入部し、「当事者の視点」から、人権・平和活動に取り組む。核廃絶署名活動などに参加。17年、NPT再検討会議に際して、ウィーン国連事務局に派遣され、NGO関係者らにヒロシマのメッセージを伝える。大学進学後は、「政治・核廃絶・私たち(市民)の3者を結ぶアクション「議員ウォッチ」リサーチャーとして核兵器禁止条約を推進。「カクワカ広島」共同代表なども務める。

プログラムのスケジュールやスピーカーなどは、予告なく変更となる場合があります。
イベント当日は、主催者や取材メディアによる写真・動画撮影などが行われ、各種広報媒体で使用させていただく場合があります。