PROGRAMS

26

2/16 Tue 16:00-16:45

ブレイクアウトセッション
「SDGs時代のしなやかな心を育むコミュニケーション-NVC-」

持続可能な社会の実現のためには、異なる価値観・見解を持った人とも対話し、共生・共創をめざす視点が大切ですが、そこには葛藤や困難もつきまといます。本セッションでは国連や社会変革活動の現場でもとりいれられているNVC(非暴力コミュニケーション)を通じて「対立」から「つながり」をつむぐ視座を共有し、レジリエントなこころを育むヒントを探求します。

今井 麻希子

一般社団法人日本NVC研究所 代表理事
株式会社yukikazet代表/Coaching for Transformation認定コーチ/Love Smart Cards マスターファシリテーター/TEAL x NVC実践研究会主宰。国際基督教大学卒業後民間企業で人事やコンサルティングなどに従事したのち独立。生物多様性の国際会議への参加をきっかけにNGO活動に参画、サスティナビリティやソーシャルをテーマとした執筆・編集活動に従事。NVCと出逢い、互いに豊かさをもたらすつながりを生みだす精神的基盤であると確信し活動の軸をシフト。企業やNPO、大学など組織向けの他、個人を対象にNVCに基づくコンサルティングやプログラムを展開。主な編集・執筆に『生物多様性は復興にどんな役割を果たしたか』(地球研叢書)、『希望をつくる仕事 ソーシャルデザイン アイデアは地球を救う』(宣伝会議)、『パートナーシップでつくる私たちの世界 -国連の新しい目標 2030年に向けて』(一般社団法人環境パートナーシップ会議)など。

長田 誠司

一般社団法人日本NVC研究所 理事
リストラティヴ・サークルズ ジャパン 代表/紛争解決ファシリテーター/グラフィック・ハーベスター。東京工業大学大学院博士課程在学中に休学し、ニューヨークで古典絵画技法を学ぶ。帰国後に中退し、フリーランスのエンジニアとして、ソフトウェア開発、システム構築、ロボット開発などさまざまな困難案件のプロジェクトを手がける。在日コリアンの妻との結婚の前後で、自分にかけがえのない大切な人に対してさえ、無自覚にレッテルを貼り差別して、いとも簡単に相手を傷つけてしまう経験をする。これをきっかけに、対立を丁寧にひも解いて人間同士のつながりを深める方法を模索しはじめる。多種多様なトレーナーや先達にNVC(非暴力コミュニケーション)を学び、自身の人生上の対立や困難に適用するなかで、人間の感情や行動や影響力に対する理解を体験的に深める。BayNVC Leadership Program 2013, Findhorn Nonviolence Intensive 2014 などへの参加経験を通して、非暴力の思想や在り方についての学びをさらに深める。様々なレベルの視点を持って、人間の内側と外側の両面から対立を捉え、対立のなかから新しい未来を創造していくことに興味を持っている。

プログラムのスケジュールやスピーカーなどは、予告なく変更となる場合があります。
イベント当日は、主催者や取材メディアによる写真・動画撮影などが行われ、各種広報媒体で使用させていただく場合があります。