PROGRAMS

29

2/16 Tue 17:15-18:15

クロージングセッション
「日本の社会課題解決から考える国際協力の未来」

開発途上国が今後発展していくために、先進国のやり方ではサステナブルな社会をつくることが難しいと言われている今、世界の潮流と国内での先進事例から、これからの日本の国際協力を考えます。

坂野 晶

一般社団法人ゼロ・ウェイスト・ジャパン 代表理事
兵庫県西宮市生まれ、鳥好き。絶滅危惧種の世界最大のオウム「カカポ」をきっかけに環境問題に関心を持つ。大学で環境政策を専攻後、モンゴルのNGO、フィリピンの物流企業を経て、日本初の「ゼロ・ウェイスト宣言」を行った徳島県上勝町の廃棄物政策を担うNPO法人ゼロ・ウェイストアカデミーに参画。理事長として地域の廃棄物削減の取組推進と国内外におけるゼロ・ウェイスト普及に貢献する。2020年より一般社団法人ゼロ・ウェイスト・ジャパンにて循環型社会のモデル形成・展開に取り組む。2019年世界経済フォーラム年次総会(通称ダボス会議)共同議長。

鬼丸 昌也

認定NPO法人テラ・ルネッサンス 創設者・理事
特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス理事・創設者。1979年、福岡県生まれ。立命館大学法学部卒。高校在学中にアリヤラトネ博士(サルボダヤ運動創始者/スリランカ)と出逢い、『すべての人に未来をつくりだす能力がある』と教えられる。2001年、初めてカンボジアを訪れ、地雷被害の現状を知り、「すべての活動はまず『伝える』ことから」と講演活動を始める。同年10月、大学在学中に「全ての生命が安心して生活できる社会の実現」をめざす「テラ・ルネッサンス」設立。2002年、(社)日本青年会議所人間力大賞受賞。地雷、子ども兵や平和問題を伝える講演活動は、学校、企業、行政などで年100回以上。遠い国の話を身近に感じさせ、一人ひとりに未来をつくる能力があると訴えかける講演に共感が広がっている。

閉会挨拶 中村 絵乃

認定NPO法人国際協力NGOセンター(JANIC) 副理事長、開発教育協会(DEAR)
横浜市出身。団体職員、英国留学などを経て2000年より開発教育協会事業担当。2008年4月より、同会事務局長。国内外の開発課題を考え、持続可能な社会をつくる教育(開発教育・ESDなど)の実践・研究を全国の仲間と共にすすめている。

プログラムのスケジュールやスピーカーなどは、予告なく変更となる場合があります。
イベント当日は、主催者や取材メディアによる写真・動画撮影などが行われ、各種広報媒体で使用させていただく場合があります。